ペットと一緒に暮らす

ペットショップの選び方やペットと暮らすときのポイントを書いています

動物可の物件

最近はペットを飼う人が増えてきているので、ペットが飼育可能な物件が増えてきています。
不動産会社の物件情報の中には、ペット可の物件を特集している記事もあり、最近は比較的に探しやすくなっています。
ペットを飼っている人も飼っていない人も、同じ料金で貸してもらえる場合もありますが、新築の場合などはペットを飼っている人は、余計に敷金などを取られる場合もあるので、事前にしっかりと確認してください。
後でトラブルになるケースもあります。
また物件によって色々なルールが決められている場合もあります。
飼うことが可能な動物の種類や、ペットは2匹までなど、その物件により細かく指定されている場合もありますので、ペット可の物件だからといって何でも良いわけではないのです。
契約前に細かいルールがあるのかどうか、またペットと暮らしやすい配慮がなされた物件なのか、調べてみると良いでしょう。
散歩の帰りにペットの足を洗うことができる場所があると便利です。

孫たちとペットのトイプ-ドル

息子の家では室内犬のトイプ-ドルを飼っています。
孫達(女の子二人)が小学生になる頃泣きつかれて飼ったようです。
友達の家に行ったときトイプ-ドルをみてどうしても欲しくなり、親におねだりをして次に子犬が生まれた時買う約束をしたようです。
プ-ドルは非常に利口な犬で犬の中でもトップクラスの知恵があり、泳ぎも得意で昔は鴨猟の時水の中から鴨を引き上げる為狩猟犬として飼っていたようです。
その後小型に改良し愛玩犬として室内で飼われる様になったそうです。
躾も覚えが早いようですが、かなりの甘えん坊です。
孫達もよく可愛がり面倒も見ているようです。
成犬になってから毎年出産させていますが、毎回子犬との別れが辛いといっています。
孫達もペットを飼うことによって色々と勉強しているようです。
生まれるよろこび,別れる悲しみ、ペットの食事や運動の大変さを身をもって感じていることはなによりの勉強かとおもいます。
思いやりのあるやさしい孫に育っているのを見ていると、ペットとの暮らしも多少影響しているのかなとおもっています。
最近はペットによるトラブルが多くなっているようですが、マナ-を守ってペットを飼いましょう

ペットと一緒に暮らす © 2012. Theme Squared created by Rodrigo Ghedin.